プロフィール

このバンドに、ヴォーカリストはいない。
が、歌詞はなくても、歌が聞こえてくる。
ヴァイオリン・チェロ・キーボード・ギター・ベース・ドラム、
6つの楽器が、心と技と体で歌う。

ただひたすらに楽器を愛し、奏でる、6人の若者たち。

ソノダバンドのメンバーは、1986年前後に日本に生まれた。
そのとき、ポップス、ロック、ジャズ、ラテン、タンゴ、テクノ…
20世紀生まれのポピュラー・ミュージックは、「既に」存在していた。

そうした時代に育ち、感じた音を、彼らは自分たちの音に編みなおしていく。
そして「ポップに」再提示する。

サマーソニック09への出演、
ヤマハ主催の「東京バンドサミット」国内一位獲得など、
短い活動期間にもかかわらず、彼らは話題を提供し続けてきた。

ライブ活動を通じて2枚のインディーズ盤を発表、
それらのCDは合わせて8000枚の売り上げを記録している。

そして2010年、ソノダバンドは動き始めた。

アレンジャー/エンジニアにB’zの作品で知られる明石昌夫氏を迎え、
「マスタリングの神様」と呼ばれるN.Y.のTed Jensenによって仕上げられた初のフルアルバム”shiftrise”が完成したのだ。

いち早く音源を耳にした音楽関係者の多くからは、絶賛の声が寄せられている。

3月にはアメリカ、テキサス州オースティンで開催された世界最大規模の音楽ショウケース”SXSW”に出演。
アメリカ初ライブを成功させる。

2010年5月5日 ニューアルバム「shiftrise」発売。
CD発売記念ライブ「This is ソノダバンド」を神戸チキンジョージ・渋谷Pleasure Pleasureにて3日間開催。

音楽の歴史と、音楽の未来へ、

世界を舞台に、ソノダバンドは歩いていく。

公式サポーター(無料)登録募集中。コンサートチケット受付など優待特典が受けられます。登録はメールアドレスだけ!入会案内はこちら

y[W̐擪֖߂